人気ブログランキング |
意 思 >>
自律神経の失調と花粉症
右麻痺は、右手や右脚が動かなくなるだけでなく、右側の自律神経にも「麻痺」のような状態をつくって、免疫力を低下させることがあります。

で、僕の場合、「右だけ花粉症」です。

それで、僕は「花粉ブロック」とか、元凶であるところの「花粉」を中心に治療法を考えるより、もっと自律神経から「花粉症」治療を考えたほうがいのではないか…広義のアレルギー全体がそうなのかもしれないと仮説しています。

今のところ、花粉症と自律神経の失調がマスメディアに大きく取り上げられることはなさそうですが、右麻痺から、右のみ自律神経失調になり、右だけ鼻がグシュグシュになっている自分を省みるに「自律神経の失調」が先にあって、そして「花粉症」ということもあるのではないかと疑っています。

現況の僕は「右麻痺に拠る」が主原因ですが、たいていの方は身体の加齢劣化というより、身体を動かさなくなることから、循環が悪くなり、自律神経の失調になる…というプロセスをたどるようです。近年は、更年期障害のすべてがホルモンバランスの変化に拠るものではなく、もしかしたら、歳取って、あんまり身体を動かさなくなり、そのことで「循環が悪くなり → 自律神経の失調」もふくまれるのではないかと考えられるようになってきました。

身体の循環をよくする有酸素運動のうち、最も手軽なのは「歩く」です。
ライザップみたいにインスタントというわけにはいかず、症状の改善が見られるまでちょっと時間がかかりますが、お金はかかりませんし、お勧めします。

歩いといて損はないと思います。
by at-masaqui | 2015-03-04 16:12 | 健康維持
意 思 >>