カテゴリ:健康維持( 32 )
自律神経の失調と花粉症
右麻痺は、右手や右脚が動かなくなるだけでなく、右側の自律神経にも「麻痺」のような状態をつくって、免疫力を低下させることがあります。

で、僕の場合、「右だけ花粉症」です。

それで、僕は「花粉ブロック」とか、元凶であるところの「花粉」を中心に治療法を考えるより、もっと自律神経から「花粉症」治療を考えたほうがいのではないか…広義のアレルギー全体がそうなのかもしれないと仮説しています。

今のところ、花粉症と自律神経の失調がマスメディアに大きく取り上げられることはなさそうですが、右麻痺から、右のみ自律神経失調になり、右だけ鼻がグシュグシュになっている自分を省みるに「自律神経の失調」が先にあって、そして「花粉症」ということもあるのではないかと疑っています。

現況の僕は「右麻痺に拠る」が主原因ですが、たいていの方は身体の加齢劣化というより、身体を動かさなくなることから、循環が悪くなり、自律神経の失調になる…というプロセスをたどるようです。近年は、更年期障害のすべてがホルモンバランスの変化に拠るものではなく、もしかしたら、歳取って、あんまり身体を動かさなくなり、そのことで「循環が悪くなり → 自律神経の失調」もふくまれるのではないかと考えられるようになってきました。

身体の循環をよくする有酸素運動のうち、最も手軽なのは「歩く」です。
ライザップみたいにインスタントというわけにはいかず、症状の改善が見られるまでちょっと時間がかかりますが、お金はかかりませんし、お勧めします。

歩いといて損はないと思います。
by at-masaqui | 2015-03-04 16:12 | 健康維持
やっぱり、セルフ・サービス
ずいぶんたってから
「あれ、ここもだめだったのか」と、あと付けで気がつく「右麻痺」があるものです。

今はよくなりましたが
右舌については「味を感じない」ということがわかったのは退院してしばらくたってからのことでした。

どうもノドの調子がおかしい…
ひょっとして右の嚥下は無傷じゃなかったのかなと思い
検査してもらえば、通常、オェとするところを刺激してもらっても
「何も感じない」というところがあり、
ああ、やっぱり と。

最近は右の三半規管が弱いことがわかりました。
なんとなくグラっとする気もしなくはなかったのですが
逆に、再発の前触れではなく
ホッとしたりしています。

いずれにせよ、自分で仮説を立てて
お医者さんに相談しない限り、回答は得られません。
お医者さんも、例えば耳鼻咽喉科では「通常、オェとするところがしない」ということはわかっても
それが脳出血による右麻痺の影響かどうかはわかりませんし、
循環器や脳神経科でも断定はできないといわれます。

つまり、細かい症例は、ほとんど考察されていないのです。

でも「ときどきグラっと」を再発の前兆かと思い込んで
怖がっているのは嫌ですからね。

できる範囲内では、仮説を立て「確認作業」を続けていきたいと思っています。
by at-masaqui | 2014-06-24 09:54 | 健康維持
無意識のうちに心がけている
だんだん「リハビリ中」という言い訳も効かなくなり
おかげさまで、見た目は、ほとんど「健常」になって
一時は「業務繁多」復活の兆しがあり
それを「出力50%」に戻すために忙しくしておりました。

その間、ひとつ判ったことは
提案書や報告書を書くにしても
倒れる前と今とでは、その書き方が「質的」に違う…
本能的に変えているんだなと思うこと。
たぶん、大きな違いですが
こういうことは、外から見ている分には
さっぱり判らないんじゃないでしょうか。

例えていうなら…

倒れる前は、短距離走を走るように
息を詰めて、一気に書こうとし
それが「長くなる」もんだから
身体へのダメージも大きかったんですが
今は、趣味のジョギング、あるいはウォーキングのように
ダラダラとやっている。
その分、書いてる時間は長くなるんですが
身体へのダメージは少ない。

その上で、これ以上の負荷はかけられんと思うことは
あっさりと明日に回すようになった…

(このブログの更新を怠ったのも、その一環かもしれませんね。無理しなくなりました)

深夜族は復活しましたが
ことほど左様に、その深夜の過ごし方はぜんぜん違ってきた
というわけです。

とにかく、眉間にしわを寄せて何かに取り組むという
そういうことを止める…

そういうことは(半分、本能的に)心がけているみたいです。
by at-masaqui | 2013-12-17 12:04 | 健康維持
健 康
まだ入院していた頃。とにかく血圧が下がらなくて
リハビリ・ストップになることもあるくらいで
お医者さんにいわれるまでもなく
こりゃ数年で再発だし
今、脳出血にならないのが不思議なくらいだなーと思ったんです。

別に長生きにこだわりはありませんが
2∽3年っていうのは困るなーと
それで僕にしてはストイックな生活を心がけるようになったんですね。

仕事も半分は辞めちゃって、毎日 歩くようにしましたし
食事にも気をつけるようにしましたし
ストレスの減化には今も工夫を続けています。

前にも書かせていただきましたが
それ以上は望みませんが
立つ鳥跡を濁さず にするためには
7∽8年から10年弱はかかるんですね。

でも、思ったよりも大変じゃなかったっていうのも実感ですね。
街を歩けば発見もありますし
僕の場合は仕事直結だし
課されなければ、それが趣味でもあるわけですからね。

なにより、健康っていうのは空気が美味いですね。

典型的な深夜族。都市空間で不健康を気取っているようなところがありましたが
やっぱり、それはよくなかったみたいです。
脳出血のキャリアになってからじゃあ、ちょっと遅いんですが
たぶん、いい感じに向かっていってるんだと思います。
by at-masaqui | 2013-07-23 10:01 | 健康維持
結果オーライ
血液検査の結果、すこぶる良し。
特に糖尿病関連の数値、劇的改善。
次回の検査でもこの数値なら薬を減らすと。

原因はよくわからないんですが
変わったことといえば
便秘の状況がよくなったことぐらい。

でも、便秘はホントによくなったんで…

とにかく、結果オーライですね。と
担当医の先生と笑いました。
by at-masaqui | 2013-07-16 17:21 | 健康維持
仕事と
それにしてもストレスと仲良く暮らしていくのはたいへんです。
「軽減」を考えれば収入減に直結する感じで
やっぱり家族の理解が不可欠ですし
普段から、よく話し合えているかどうかがカギになります。

そんなことを考えていたら
1986年4月のことを思い出しました。
僕は、当時、ベルリン在住のドイツ人の日本語家庭教師をしていました。

彼女はすでに日本語には堪能で
日本文化についての勉強を続けていた人で
定期的に来日していた人です。
1986年は3月に長期休暇が取れて来日し
その後、4月に入って彼女のご主人も来日し、さらにはお兄さんたちご夫婦と
お母さんも来日して
なんだか家族全員揃っちゃったねといって1週間ぐらいが経過したところに
あのチェルノブイリ原発事故が起こったのです。

当時は、インターネットなど、かげもかたちもなく
ワープロ専用機の全盛時代でした。
つまり、日本にいて手に入る情報のほとんどは日本語のもので
彼女はまだしも
彼女の家族はチンプンカンプン。
僕はサポートを要請されて
しばらく彼女たちの滞在先に通い詰めになりました。

そのなかで、僕は何気なく

「ご主人の仕事は大丈夫なのですか?」と尋ねたのです。

そうしたら、彼女は少し眼をきつくして

「仕事と命のどちらが大切ですか」といったのです。

僕はショックを受けました。

今、僕は脳出血のキャリアです。
確かに再発率は高い病気ですが
その確率も震災のようなもので、
くるとも、こないともいえるような状態です。
ストレスも再発の大きな要因かもしれませんが
そういう負荷がかかっても
大丈夫な人は大丈夫です。

それでも、収入減につながるような「軽減」をするのかどうか…

まさか30年以上たって
あの頃のことを思い出し
真剣に考えてみるようになるとは思いませんでしたが

1986年のことを思い出すのです。

仕事と命のどちらが大切ですか…

その後間もなく、彼女たちはベルリンを離れ
南ドイツの片田舎に引っ越していきました。
by at-masaqui | 2013-06-06 03:58 | 健康維持
塩 分
ご覧になった方も多いと思います。

昨晩のNHKスペシャル
「病の起源 第2週 脳卒中 〜早すぎた進化の代償〜」(2013年5月26日放送)。
第1週の「がん」もそうでしたが
人間が人間になれた「進化」の所以こそが病の源というショッキングな内容でした。

それにしても、この病の直接的な引き金になるのが高血圧とデブ。
あっけないほどに意外性はありませんでしたが
サイレント・キラーといわれる高血圧がどれだけ恐ろしいかを再確認しました。

逆に、意外だったのは「塩」。
「塩」が麻薬に等しい誘因性を持っていたとは思いもよらず、背筋が寒くなりました。
たぶん、しょっぱいものが食べたくなっても
それが生理的な要求じゃない場合が多いんでしょうね。
そして、その積み重ねが脳卒中を呼び込んでいる。

恐ろしい…

確かに塩分は控えていますが「麻薬のような誘因性」とは思っていません。
ある程度は身体のために必要なんだろうと思ってるわけです。
(もちろん、必要なものではあるらしいんですが)
でも、それを補うタイミングや必要性を身体には聞かない方がいいのかもしれない。
これは認識を改めていかなければなりません。

あと5年ほども再発を押さえられれば
治療についての状況はずいぶん変わっているようですから
その間を、どう健康維持していくか…

コレステロールだけでなく、改めて塩分にも注目してみましょう。
by at-masaqui | 2013-05-27 17:35 | 健康維持
デブを
動脈硬化に対する危険因子…高血圧、糖尿病、高脂血症、タバコ、肥満などなど。
高尿酸値症は、単独では危険因子ならないとの説がありますが
もとより、僕は尿酸値には最初から問題がなかったようです。

上記の危険因子のうち、完全に取り除けたのはタバコぐらいでしょうか。
薬を飲んでるんで人工的に一定の水準は保っていますが
たぶん、薬を止めたらダメなんだろうと思います。

原因はデブです。

もちろん、脳出血でぶっ倒れた頃のように100kgデブではなんですが
まだ10kgくらい多い感じです。
ただ、30歳を超えた頃から50歳を超えた現在に至るまで
入院時を除いて、ずっと、この体重以下になったことがないんで苦戦はしています。
以前に比較すれば運動量はかなり増量で
それにつれ、内容は「筋肉増」になっているんですが
動脈硬化をどれだけ改善できたかといえば、まだまだなんだと思います。

(たぶん、1kg多めの体重になっても、血圧が高めな感じになるのは
 そういうことに拠るんだろうと思います)

何しろ、ずっと超ヘビースモーカーでしたし、
たぶん隠れ糖尿病で、高コレステロール。
そういう状態を少なくとも20年以上は続けてきてしまいましたからね。
改善=3年程度では、根治的な状況にはほど遠いんだと思います。

体重計は、身体年齢40歳といってくれていますが、
まずは、総量としての体重を、あと5kg落とすようにしてみましょう。

たぶん1年くらいはかかりますが(かけなきゃいけないみたいですし)

ストレスにならないように、ちょっと頑張ってみましょう。
by at-masaqui | 2013-05-24 13:52 | 健康維持
健康が財産
一昨年、うちのオヤジは80歳代前半で亡くなりましたが
彼らは前の大戦で戦死者が集中していた世代にあたり、とても数が少ない世代にあたります。
彼らが、現在の後期高齢者世代ですが、この国の医療はもうあっぷあっぷです。
例えば、脳血管系の専門医の空白地帯はかなりの広域になりますし
リハビリの専門医は首都圏でさえ、まったく足りない状況です。

そして、これから、団塊の世代が後期高齢に達する…

まぁ、無理だと思った方がいいでしょう。
施策を費やして「団塊の世代」まではギリギリなんとかなったとしても
その後はぺんぺん草でしょうし、その間の後輩たちの負担も軽くはなく
気軽に風邪で内科医に、というわけにはいかなくなるかもしれません。

これまで以上に「予防」には気を配った方が良さそうです。
僕らなどは高度成長期の恩恵を空気みたいに思っちゃってる世代ですから
たかをくくって油断しがちです。

「予防」といっても、1日=30分とか1時間くらい「歩くだけ」とか
無駄食いしないとか、そういうことでずいぶん効果がありそうですから、
難しいことでも、お金がかかることでもありません。

とにかく、1960年代以降、最近までの日本の方が
奇跡みたいな状況だったんだということを肝に命じておいた方がいいでしょう。

これまで以上に、健康が財産になる時代がもうすぐそこです。
by at-masaqui | 2013-05-19 17:57 | 健康維持
糖尿病体質
僕は
糖尿病ってうのは「病」っていうより
「体質」なんじゃないかと思っています。

つまり、先天的なもの…遺伝ですね。

「その因子」を持っていない人は、どんなに暴飲暴食しようが、炭水化物をとろうが、甘いもん喰おうが糖尿病にはならないが、「その因子」を持っちゃってる人は、一定量以上の糖質をとっちゃうと糖尿の状態になり、血管ボロボロだったり、腎臓がやられたりということになる。

で、僕の場合はダメであると…。

なにしろ、オヤジは大糖尿病だったですしね。
オヤジ方の親戚には糖尿病が多く、癌はいないけれど、みな循環器系な病で亡くなっていたり…

入院中に糖尿病が指摘されなかったのは(実際、血糖値にも問題なかったんですが)
たぶん、あの病院食だったからでしょう。

脳出血でぶっ倒れる直前は口乾きもひどかったですし
健康診断さぼっていただけで、たぶん、すでに立派な糖尿病だったんだと思います。

糖尿病が「病」でない所以ですが、摂生した食事をしてたり
標準的な体重をキープできていたり、適度に運動ができていれば
数値は正常に戻ってしまう…

でも、だからって「治った」わけじゃないんですね。
ちゃんと食い過ぎれば「ぶりかえす」わけです。

これはもう…一生もんでしょうね。体質です。

たぶん、右手が何不自由なく動くようになっても
糖尿病の方は「治る」ということはないのでしょう。
血糖値は上がるぞと思って食事制限と適度な運動は、一生、継続でしょう。

だから、楽しまないと、きついですね。
「制限が一生続く」と思ったらちょっとシンドいです。

自分を気持ちよく騙してやらないと…

オヤジの頃とは比べ物にならないほど今はいい薬もありますからと
お医者さんはそういいますけど
薬に頼るっていうのもいかがなものかって思いますからね。
by at-masaqui | 2013-04-09 20:56 | 健康維持